【SBARRO PIZZA】日本では食べられないアメリカ発イタリアンファストフードを食べよう

【SBARRO PIZZA】日本では食べられないアメリカ発イタリアンファストフードを食べよう

スティーブンスピルバーグが監督しトムハンクス主演の2004年に公開された”ターミナル”を覚えていますか?パスポートが無効になり空港内に閉じ込められてしまう男性の役をトムハンクスが演じ、空港内で働く人々との出会いや恋愛を描いた映画です。アメリカに入国することも自分の国に帰ることも出来なくなってしまったトムハンクスが国際空港の国際線ロビーで生活を始める姿がコミュカルに描かれ、そこで出会う人々との友情や恋愛を描いた感動のヒューマンドラマ。その映画の所々にSBARROが出てくるのをご存知ですか?
印象深く残っているのは映画の終盤にフードサービス勤務をしている友人に頼まれてトムハンクスは彼の恋焦がれている入国審査官の女性へ友人からの指輪の箱を差し出し、”He waits for you to answer at Sbarro.(彼はあなたの返事をスバーロの前で待ってます)”というセリフを言います。そしてその次のシーンは友人がSBARROの看板の前のテーブルに腰掛け、SBARROの紙コップを手にして待っている姿が映し出されます。懐かしい映画をもう1度見返してから是非セブでABARROを食べてみてはいかがですか?

Robinsons Galleria支店

SBARRO PIZZAとは?

アメリカ発のイタリアンファストフードレストラン。その始まりはイタリアから移住したスバーロ一家が1956年にニューヨークブルックリンで食品雑貨店を創業し、そこで労働者に対してすぐに食べられるピザのスライスを販売し始め、それが人気をとなりスライスピザを販売するお店を別の場所に出店したのがスバーロ(SBARRO)の始まりです。ピザやパスタなどをファストフード形式で提供する”イタリアンクイックサービスレストラン”スタイルを確立し日本を含む世界40か国以上で1000店舗以上展開するに至りました。
しかし、景気低迷による個人消費の低下、原材料の高騰などから業績が悪化し経営再建には債務削減が急務となり2011年にニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章の適用を申請し倒産。事前に債権者側と”債務削減約2億ドル”という合意を得ていたため、店舗営業は継続されています。
日本では1997年~2001年ダイエーグループによりフランチャイズ出店していましたが撤退、その後2010年に(株)スバーロジャパン(合併会社)により再出店しますがが2014年破産手続き決定を東京地裁から受け本日現在日本ではSBARRO PIZZAは食べることができなくなりました。本日現在はフィリピンを含む世界28か国630店舗でXLニューヨークピザやパスタをまだ楽しむことができます。

セブの店舗

Sbarro アヤラセンターセブ

主な商品

XL ニューヨークピザ

手で延ばした生地にサンマルツァーノスタイルソース(イタリアでは伝統的にサンマルツァーノトマトを使用してソースを作る)を塗り、そして100%全乳のモッツァレラチーズをのせたピザに好みのトッピングが乗ったピザを選べるXL ニューヨークピザ。

Cheese Pizza 1スライスP79(およそ174円)
4 Cheese White Pizza 1スライスP129(およそ284円)
Supremo Pizza 1スライスP145(およそ319円)

シカゴ ディープ ディッシュ ピザ

キッシュのように厚みがあり、手で延ばした生地と生地の間にハムやひき肉、100%全乳のモッツァレラチーズを重ねて焼き上げたボリュームのあるピザ。

Chicago Deep Dish Pizza 1スライスP219(およそ482円)
Chicago Deep Dish White 1スライスP219(およそ482円)

パスタ

本格的なパスタはイタリアの母が作る味。スパゲティー、ペンネ、ラザニアとパスタの種類も選べ、トマトソース、ホワイトソース、ミートソースと好みのソースをかけてくれます。さらに癖になるガーリックトーストを添えてサーブしてくれます。

Meat Lasagna 1スライスP249(およそ548円)

ストロンボリ

イタリア系アメリカ人によりアメリカのフィラデルフィアで発明されたもので、カルツォーネに似ています。細かく刻んだ100%全乳のモッツァレラチーズとお好きなトッピングをいちから作り上げた生地で包んで焼いたストロンボリ。

まとめ

近年はセブにも多くの飲食店ができイタリアンレストランも増えましたが2006年にセブに来たばかりのころはイタリアンを食べれるところは少なく、大きなショッピングモールの中に店舗を持つSBARROのアクセスの良さもプラスされ良く通ったものです。個人的にお勧めはXLニューヨークピザの4チーズホワイト。チーズの味が癖になります。視覚的に誘われるのはシカゴディープディッシュですが、ボリュームがあるのでお友達と行って違うものを頼んで分け合うのもいいですね。私にとっては昔の思い出と共にふと思い出されるSBARRO。今は日本では食べれなくなってしまった味をセブでもう一度味わってみてはいかがですか?

食べるカテゴリの最新記事