フィリピンの伝統的スイーツ “タホ” を食べよう( Let’s try traditional Filipino healthy dessert TAHO )

フィリピンの伝統的スイーツ “タホ” を食べよう( Let’s try traditional Filipino healthy dessert TAHO )

朝早い時間から家の近くで”ターホー、ターホー”という男性の大きな声が聞こえると近くでフィリピンの伝統スイーツタホを売り歩いている人がいるという合図です。朝方大きな通りを車で通っていると道路沿いではシルバーの大きなバケツのような容器を2つ肩にかけて売り歩いている人を見かけます。それがフィリピン人の朝食としても人気のタホを売っている人です。セブの朝には欠かせないタホ。興味のある方は試してみませんか?

Early in the morning, when you hear a loud male voice “Taho, Taho” near your house, it is a signal that there is a person selling traditional Filipino sweets Taho nearby. If you drive through a large street in the morning, you will see a person selling two large silver bucket-like containers over his shoulders along the road. That is the person who sells Taho, which is also popular as a Filipino breakfast. Taho is indispensable in the morning in Cebu. If you are interested, why not give it a try?

(英語を話したいなら試してみては?)

フィリピンのスイーツ タホ とは?
What’s Filipino traditional dessert TAHO ?

タホ(Taho)とは絹ごし豆腐のことでフィリピンではこの豆腐を使ったちょっと温かいスイーツが朝食やスナックに食べられています。最近ではタホ人気からちょっと手の加わったお洒落タホがモールで販売されていたりします。一般的な”タホ”は絹ごし豆腐の上にタピオカのような小さなつぶつぶの”サゴ”をたっぷり乗せてそして黒蜜で混ぜて食べる豆腐スイーツのことです。フィリピンの伝統的豆腐スイーツで昔から食べられています。タホはストリートフードとしても有名で最近では日本にタホ専門店やコンビニエンスストアで販売されたりする注目スイーツです。

Taho is silken tofu, and in the Philippines, slightly warm sweets made from this tofu are eaten for breakfast and snacks. Recently, fashionable Taho, which has been slightly modified due to the popularity of Taho, is being sold at malls. A common “Taho” is tofu sweets that are eaten by putting plenty of small crushed “Sago” like tapioca on top of silken Tofu and mixing it with black honey. It is a traditional Filipino tofu sweet that has been eaten for a long time. Taho is also famous as a street food in Philippines, but recently it is a hot dessert that is sold in Japan at Tahoe specialty stores and convenience stores.

一般的なタホを注文してみよう
Order Tipical Taho on the street

アルミのバケツの中には真っ白な絹ごし豆腐が入っています。このスプーンで幾度となく豆腐をすくい上げてプラスティックカップに入れていきます。

The aluminum bucket contains pure white silken tofu. They use the spoon to scoop the tofu many times and put it in a plastic cup.

次にタピオカのような”サゴ”を豆腐の上にのせていきます。
本来”サゴ”はサゴヤシの木の幹から取ったデンプンから作ったものです。”タピオカ”はキャッサバの芋から取るタピオカデンプンから作ったもので原料が違っています。フィリピンには他にもこの”サゴ”を使用したスイーツがあります。マンゴーとサゴ、ミルクやココナッツミルクを入れたマンゴーサゴなんかはレストランのデザートで食べることができます。このマンゴーサゴは中華料理店やインド料理店のデザートでよく目にするなと個人的には思っています。サゴはタピオカよりも歴史が長く東南アジアから中国やヨーロッパにまで輸出されたと言われており、マルコポーロの旅について書かれた13世紀の東方見聞録の中に記載があると言われています。

Place “sago” like tapioca on the tofu. Originally, “sago” is made from starch taken from the trunk of a sago palm tree. “Tapioca” is made from tapioca starch taken from cassava potatoes and has different ingredients. There are other sweets using this “sago” in the Philippines. Mango and sago, mango sago with milk and coconut milk can be eaten at the restaurant dessert. I personally think that this mango sago is often seen in desserts at Chinese and Indian restaurants. Sago has a longer history than tapioca and is said to have been exported from Southeast Asia to China and Europe, and is said to be mentioned in the 13th-century The Travels of Marco Polo.

そして最後に黒蜜をたっぷりかけてできあがりです。
甘いお豆腐のヘルシースイーツをフィリピンのストリートで試してみてはいかがでしょうか?

And finally, pour plenty of black honey and it’s done. Why not try the sweet tofu healthy sweets on the streets of the Philippines?

まとめ

フィリピン人が愛するローカルフード”タホ”は絹ごし豆腐にフィリピンのタピオカ”サゴ”をのせた温かい豆腐スイーツです。このフィリピンのスイーツが日本でもブームになっていて今ではコンビニエンスストアで販売されていたりしますが、日本人向けにアレンジされているので本場のタホを一度は試してみてほしいものです。セブに来た際には朝夕、街中でアルミのバケツを方に担いだ売り子さんが居たら試してみてはいかがでしょうか?

The local food “Taho” loved by Filipinos is a warm tofu sweet with silken tofu and Philippine tapioca “Sago”. This Filipino sweet is booming in Japan and is now sold at convenience stores, but since it is arranged for Japanese people, I would like you to try the authentic Taho once in Philippines. When you come to Cebu, why don’t you try it in the morning and evening if there is a guy carrying an aluminum bucket in the city?

食べるカテゴリの最新記事