【J.CO Donuts】一度は試したい日本未上陸ドーナツ

【J.CO Donuts】一度は試したい日本未上陸ドーナツ

インドネシアから来たJ.CO Donutsは東南アジアを中心にビジネス拡大が急速に進むカフェレストランチェーン。日本にはまだ未上陸のドーナツをセブで試してみてはいかが?

コロナウィルスパンデミックにより一般的なコミュニティー隔離(GCQ)が課せられているセブ。営業を再開したJ.COのSMセブシティーブランチ。店内での飲食が許可されていないため今は入口でオーダーを取ってくれて、店の前にソーシャルディスタンスを取られたイスに座って商品を待ちます。
一般的コミュニティー隔離中でも列が出来るほどセブでは人気のJ.CO。現在は6個入り、12個入り、24個入りとどの箱のサイズにするかと詰め合わせのドーナツをパーティーセットかチョコオーバーロードセットにするかを選ぶオーダー方法となります。好きなフレーバーを1つづつ選ぶことは2020年6月現在はできません。

J.CO Donutsとは?

J.CO 24個入りボックス

正式名所 “J.CO Donuts & Coffee” はJohnny Andrean Groupが所有、管理しているインドネシア発祥のカフェレストランチェーン。
2005年にジャカルタの郊外タンゲランに最初のお店を出店した創設者のJohnny Andreanの主義は明確で”アメリカのクリスピークリームドーナツのように低価格でありながら高品質のドーナツを提供する”ということでした。

最初のお店をオープンしてからその後10年の間にはドーナツ作りへの一風変わったアプローチによりJ.CO Donutsは更なる魅力を獲得します。独創的な味とドーナツのネーミングは顧客の心をつかみ、注目を集めています。

季節やその時のトレンドを取り入れた新製品を2~3か月毎に発売しており、ドーナツサンドイッチなどの商品を投入し商品の多様化を図っています。
更に注目すべき点はインドネシアに店舗を構えてから2年後にはマレーシア、そしてフィリピン、シンガポール、香港、サウジアラビアとフランチャイズを展開し続けていることです。その土地ごとの好みの味を追求し、地元の顧客の好みを理解して創造的な調整を行うことで成功をおさめています。

セブ島のJ.CO Donuts & Coffee店舗

Ayala Cebu
住所 : Level 1, The Terraces Stall F14B Ayala Ctr. Cebu, Cebu Business park Cebu City
電話 : 032-844-8441

SM Cebu
住所 : Unit 076-SM Cebu City North Reclamation Area Mabolo Cebu City
電話 :  032-2343308

J.CO Donuts & Coffee が誇る商品ラインアップ

Donuts

こちらはチョコオーバーロードセットの12個入り
Alcapone 2つ、Oreology 1つ、Forest Glam 1つ、Glazzy 1つ、Jackey Chunk 1つ、
Choconuttzy 1つ、Mylosaurus 2つ、Copabanana 1つ、Coco Loco 1つ、Don Mochino 1つ。トッピングにチョコレートが使用されている商品が並びますね。

こちらはパーティーセット12個入り
Alcapone 2つ、Glazzy 2つ、Forest Glam 1つ、Katy Berry 1つ、Cheese Cakelicious 1つ、Blueberrymore 1つ、Berry Spears 1つ、Tira Miss U 1つ、Don Mochino 1つ、Green Tease 1つ J.COの彩りも楽しめるセットになっています。

J.CO Donutsのレシピは完璧に仕上げるために何年もの間試行錯誤を重ねました。2005年の開店前には完璧な味のバランス、舌触り、そしてドーナツの上に乗せるトッピングのベースを開発するために果てしなく繰り返し作業をおこないました。J.CO Donutsのおいしさの秘密はふわふわのドーナツの生地だけではなく、使用されている最高品質の食材にあります。少しその例をあげると、リッチな味わいのダークチョコレート、カリカリでパリッとしたオーストラリアのアーモンド、ニュージーランド産のなめらかなクリームチーズ、日本の最高級の抹茶など食材に妥協は許さず、本物の食材を用い美味しいドーナツを提供しています。そしてこれからも世界中の最高品質食材を探すJ.COの旅は続きます。お客様に無限に続く新しいフレーバーの組み合わせを堪能してもらえるよう進化し続けています。

J.PoPs

ベビードーナッツが24個入ったセット。
中にもしっかりクリームが詰め込まれ、ベビーだからって甘くみてはいけません。

J.CO Donutsにはかわいいベビードーナッツがあります。1箱に24個のベビードーナツが詰められているJ.PoPs。色々な味を試してみたい人やどのフレーバーが一番好きなのか確かめたい人におすすめ。子供たちにも人気のJ.PoPsを日本にお土産で持って帰ったら喜ばれるかも。

J.CLUB

Credit to J.CO Donuts & Coffee
J.CO CLUB KATSU

食欲をそそるドーナッツサンドイッチのセレクション。
パンの代わりにドーナッツで挟んだサンドイッチの中身はサラミ、ソーセージ、カツやチーズなど。商品を多様化することでさらにお客様の心をつかんでいます。

J.COFFEE

コーヒーを頼むとGlazzy 1つ付いてくる嬉しいサービス

ドーナツに合うコーヒーを探し求め、豆の焙煎度合やコーヒー豆の厳選を行い、独特の風味をもつイタリアンブレンドコーヒーを提供しています。
エスプレッソからヘーゼルナッツラテなどドリンクメニューも豊富です。
風味豊かなJ.COFFEEとドーナツで清々しい1日をスタートしてみては?

J.COOL yogurt

Credit to J.CO Donuts & Coffee
J.COOL SINGLE

ファットフリーフローズンヨーグルトにフレッシュフルーツをトッピングしたJ.COOL yogurt。大きさ別で商品の名前が異なり、
J.COOL SINGLE/COUPLE/SHARINGがあり更にお持ち帰り用まであります。

J.COのネーミングセンスが独創的すぎる

ショーケースに並ぶドーナツのネーミングが独創的。
カルフォルニア産アーモンドとベルギーのチョコレートがトッピングされた人気の”ALCAPONE”はあの有名なアメリカのギャングスターから。

アボカドとチョコレートクランチがトッピングされた”Avocado DiCaprio”はそうあの有名なハリウッド俳優のレオナルドディカプリオから。しかも商品の説明には”The most eligible bachelor only at J.Co!My heart will go on and on after a bite of this delightful avocado and chocolate crunch(J.COイチオシの独身男性!この美味しいアボガドとチョコレートクランチドーナツを一口食べたら私の心は永遠にあなたのもの)”と彼のステータスや出演した映画の歌まで持ち出したどこまでもJ.CO wayを突き進んだ売り文句。

そしてあの1990年代の代表するアメリカのポップシンガーから名づけられたと思われる”Berry Spears”。この商品の説明は ”Our pop princess with glittering taste of Strawberry and cream cheese will make you sing, Hit me baby one more time(J.COのストロベリーとクリームチーズのキラキラ輝く美味しさを身にまとったポップ界のプリンセスがあなたをHit me baby one more timeと歌わせてくれます)” 彼女のヒットソングの歌詞を絡ませてくるなんて面白くないですか?

直ぐにはピンとこなかった”Blueberrymore”はハリウッド女優のドリューバリモアから。商品説明は”Two Thumbs up!!! Delicious act by blueberry and cream cheese We are sure that Charlie’s Angels will love you.(もう最高!!! ブルーベリーとクリームチーズの美味しさををチャーリーズエンジェルたちも愛してくれるはず ”とドリューバリモアが出演+制作にも加わった映画チャーリーズエンジェル(2000年とその続編2003年公開)を絡ませてくるなんて。チャーリーも驚いたはず。

J.Coは全ての商品に個性を持たせたいという思いから独創的なネーミングをしているそうですが、その試みは完全に私の心を鷲掴みしました。
もっとJ.COのドーナツネーミングやその商品説明に興味のあるかたはHPにてチェックしてみてください。
Quoted from J.CO Donuts & Cofee HP : http://m.jcodonuts.com/ph/donuts

J.COの評判

BBCワールドアジアビジネスレポートで、香港のドーナツ市場に関して言及したものがあります。そのニュースの内容は、「ドーナツはアジアの国々で人気があります。しかし、未だ香港の人々の心を掴んだドーナツブランドはありません。アメリカのクリスピークリームドーナツが香港市場に参入を試みましたが残念ながら失敗に終わりました。しかしもしかするとインドネシア発のドーナツブランド(J.CO)は必勝法を持っているかもしれません。」

このニュースの通り香港でのドーナツ市場は成功が難しいと言われているにも関わらず2016年に香港に初めて進出して以来本日まで店舗数は増えており、写真映えする商品と名前のユニークさを利用したSNS戦略勝ちという人もいます。

セブ島の大手ショッピングモールにJ.COはお店を構えていますが、そのモールの中にはクリスピークリームドーナッツもお店を出しています。昔はクリスピークリームの方が個人的には好きでしたが、今ではJ.PoPsがあるという理由でドーナツを家に持ち帰る率が高いのはJ.COになりました。セブ島ではいまだに長蛇の列をつくりJ.COのドーナツを買い求める人が後を絶ちません。


まとめ

上から時計回りにOreology、Alcapone、Green Tease。それぞれJ.PoPsと共に。ベルギーチョコレートが家に持ち帰るまでに若干とけてしまいましたがそこは常夏のセブ致し方ありません。

個人的にJ.COの好きな所はやはり独創的な商品展開とおしゃれな店構えの割りにリーズナブルな値段設定。ドーナツ1つがP45(およそ¥100)しかし、6個、12個、24個とまとめ買いをすることによりドーナツ1つの値段が割安になる値段設定のため24個入りでP660とドーナツ1個P27.5(およそ¥61)の計算になりお得。まとめ買い以外にも得をする方法があり、それはドリンクを買うとGLAZZY(クレージーからネーミングされたと思われる)ドーナツが1つ無料でついてきます。ドリンクメニューには冷たい飲み物もあるので、ショッピング中にちょっと足を休ませたいなというときにはJ.CO Donuts & Coffee に立ち寄ってみてください。日本ではまだ体験することが出来ないJ.CO Donuts & Coffeeをお試しあれ。

食べるカテゴリの最新記事