2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(PCR検査登録完了~PCR検査終了までの流れ)

2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(PCR検査登録完了~PCR検査終了までの流れ)

隔離ホテル食事

2021年3月22日~4月21日までは限られた外国籍者のみフィリピンへの入国が許されています。その後の外国人受け入れ緩和に関しましてはフィリピン政府の発表を待つことになりますが私が外国籍者のフィリピン入国に関してまず最初に問い合わせをしたのは在東京フィリピン大使館です。あなたが入国が許される外国籍者か否かを必ず事前に確認して渡航準備を進めてください。

日本出国までの流れは下記のブログで確認いただけます。
2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(日本出国までの流れ)

日本出発後の機内からマニラ到着時の流れは下記のブログでご確認いただけます。
2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(機内からマニラ到着時の流れ)

今回は無事に隔離ホテルにチェックインしてフィリピンへ入国した日を1日目と数え3日目に登録したメールアドレスへ送られてくるRT-PCRテスト前に旅行者詳細更新と健康に関してのフォームをウェブ上で登録してRT-PCR検査登録を完了し、6日目にホテルの部屋へDetoxicareが検査を行うまでをご紹介します。随時状況は変わるので、コロナの検査に関しては最新の情報をご自身でもご確認ください。

PCR検査準備の進め方

フィリピンへ無事に入国できた後は政府の定める隔離施設でマニラでは最低6日(PCR検査結果が陰性であると証明できるまで)宿泊する必要があります。フィリピン到着日を1日目と数え、3日目に事前に登録しているメールアドレスへ事前回答しなければならないURLが送られてきます。その回答を終わらせればRT-PCR検査の準備が完了となります。このPCR検査準備の完了を入国してから4日目までに終わらせる必要があります。

①到着日を1日目として3日目にレジストレーションしたメールに下記のメールが届きます。answering this online formをクリックしてください

Answering this online formをクリックすると②の画面へ進みます。クリックする前にUNIQUE REFERENCE CODEをコピーしておくと次の画面で進みやすいです。

※回答は入国日から4日目までに終了しなければなりません。私はメールを受信したらすぐに回答を終わらせました。

②traveler details update form and health declaration checkへ情報を入力していく

入力は1~8あります。そして最後にリマインダーを読んで送信すれば登録は終わります。
入力内容を具体的にみていくと

1. Unique Reference Code
①で受信したメールの中に赤文字で記載されています。それをコピーして貼り付ければ簡単です。
2.お誕生日を西暦/月/日付順で数字で入力してください。
3. メールアドレスを入力してください。
PCR検査結果はメールで送られてきます。間違ったメールですと結果が届きません。正確に入力してください。

4. フィリピンの携帯番号入力
テキストでアップデートを送ってくれます。日本の携帯番号ではなくフィリピンの携帯番号を入力ください。

5. ホテルの地域を選択

6. 宿泊するホテルを選択

7. ホテルの部屋番号
部屋の入口まで係員がきてくれて検査してくださるのでお部屋番号お間違いなく入力してください

8. 同意
すべてに同意してください

リマインダーを読んで送信すれば登録は完了です。

③登録したメールへ完了メールを受信

このメールがすべての入力を完了して送信した後すぐに登録メールに送られてきます。こちらのメールのQRコードがPCR検査時には必要ですと記載がありますので検査の当日は下記の書類を用意してください。

①PCR登録完了メールにあるQRコード
②検査を受ける人のパスポート
③空港で支払ったPCR検査の領収書原本

以上を用意して検査の当日用意しましょう。

RT-PCR検査当日の流れ

PCR検査はフィリピンへ入国した日を1と数え6日目に検査員がホテルの部屋まできてくれます。時間は朝の6時から夜の10時の間で何時に来るかは不明です。私の場合は宿泊ホテルはパサイ地区でした。宿泊していたホテルにはほかにも隔離で泊っている方が多かったです。予想していなかった朝6時に検査の方がきてくれました。事前にホテルのフロントへ検査の人が来たら部屋に電話を入れてくれないか依頼していたので検査員が部屋に来る前にかろうじて必要書類を用意して、子供たちを起こすことができました。

RT-PCR検査員が部屋にきたら?

ホテルの部屋のベルがなるので、一応フェイスマスクとシールドをして必要書類であるパスポート、登録完了時のQRコードが提示できる携帯、PCR検査費用支払い済の領収書を用意して部屋の扉をあけました。

先に、必要書類を確認してくれますので確認が終わったらいよいよ検査です。
2021年3月21日の時点ではフィリピンでは鼻と喉で検査しました。

軽く読んだ検査に関しての案内の中に2回と記載されていましたし、検査する前に2回しますという案内がちゃんとあったのですが、勝手に2種類の検査をするっていう意味だと思い込んでいて、綿棒のようなものを鼻に入れられ、そして喉にも入れられ、終わったなと思ってマスクをしたら後1回ありますと止められました。だから検査用とラボラトリー用と説明していたのかとこの時自分の理解が間違っていたと判明するのですが、鼻と喉2回同じ検査を同時に行いますのでその覚悟だけしておいてください。

フィリピンから日本に帰国した際は関空で鼻での検査をおこなっていましたが、1回だけだったので子供たちも我慢できましたが、今回は2回だったので子供は2人とも検査後は号泣していました。

検査を行った後、6時間ぐらいで私の検査はラボラトリーに入りましたという下記のメールを受信しました。

この検査に入ったメールには24時間以内に検査結果が送られてくると記載されています。PALのサイトだったか検査結果には24時間から48時間かかりますと掲載されていますが、私の場合は24時間以内にでてきました。

検査をおこなったのも朝6時と早かったので検査結果は実際にはその日の夜遅くに届きました。しかし、これはあくまで私のケースです。ホテルは検査結果がでるまでチェックアウトできませんので必要に応じて宿泊日数を調整されてください。

RT-PCR検査結果をメールで受信

フィリピン到着した日を1日目と数えて6日目にRT-PCR検査は朝の6時~夜の10時までの間で行われます。検査結果が検査後の24時間以内に登録メールに送られてきます。万が一陽性だった場合は政府機関が医療施設への移行をアシストしにくるということですが、ありがたいことに陰性でしたのでそちらの流れは不明です。陰性の方には下記のメールがきます。

DetoxicareからメールのタイトルはCOVID-19 PCR Test Results for XXX ときます。XXXには名前が入っています。このメールに添付されているファイルのパスワードを入れてあけます。
名字の後に生年月日を入力すればいいのですが、メールに記載されているとおり
例えば名字が鈴木さんで誕生日が1月12日2020年だとするとパスワードは
SUZUKI01122020と入力すればファイルは開きます。

ファイルを開くと結果が2ページで表示されます。この結果が国内線移動の際に求められます。ホテルをチェックアウトする際にも必要です。

私は陰性であることが分かった後は飛行機での国内線移動が必要だったので、念のためQuarantine CertificateというものをBOQに依頼して発行してもらいました。依頼してから24時間以内にはメールで下記のcertificationが送られてきました。

しかし、この証明書の提示はPALで求められることはなく取得しましたが提示は求められませんでした。

Quarantine Certificateをもらうためには下記のメールアドレスをメールしてそのメールにDetoxicareから送られてきたRT-PCR検査の陰性である検査結果をスクリーンショットしたものを添付すれば下記の証明書をメールで送ってきてくれます。

メール内容には下記の情報をいれてください。

Complete Address:
Current Hotel & Room Number:
Country of Origin: Japan
Date of Arrival to the Philippines:
Number of Quarantine Days and an Attachment of your OFFICIAL test result (screenshot or file with password):

メールの送り先 : boq.qc1@gmail.com

以上が私が隔離ホテルへ入ってから行った流れになります。
フィリピンへの渡航をされる方が少しでも不安を解消できて、スムーズに入国できることを願っています。

まとめ

フィリピンへの入国は何度もしたことがあってもなかなか何度もパンデミックの最中に渡航することはないので、初めておこなうことが多くPALのウェブサイトで案内されている入国ガイドライン通り進めれるか不安でしたが無事に今はマニラからセブに移動もできてセブで生活をしています。マニラからセブへの移動はメールで送られてくる陰性証明書と、航空券、PALウェブレジストレーションを済ませてホテルからプライベート送迎を準備すれば問題ありませんでした。セブの自宅で残りの隔離生活を終えて今はフィリピン政府の定める隔離ガイドラインに沿って外出もできます。日本に比べると厳しいガイドラインですがそんな中でセブの夏を2021年は家で楽しみたいと思います。

その他カテゴリの最新記事