2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(機内からマニラ到着時の流れ)

2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(機内からマニラ到着時の流れ)

ゲート7近くの待合所

2021年3月22日~4月21日までは限られた外国籍者のみフィリピンへの入国が許されています。その後の外国人受け入れ緩和に関しましてはフィリピン政府の発表を待つことになりますが私が外国籍者のフィリピン入国に関してまず最初に問い合わせをしたのは在東京フィリピン大使館です。あなたが入国が許される外国籍者か否かを必ず事前に確認して渡航準備を進めてください。

日本出国までの流れは下記のブログで確認いただけます。
2021年コロナパンデミック マニラに入国-日本からフィリピンへ渡航される方へ(日本出国までの流れ)

今回は無事に航空会社にチェックインして国際線の機内~マニラ到着までの流れをご紹介します。随時状況は変わり、日本国・フィリピン国ともに渡航に関して変更はアップデートされますので必ず最新の情報をご自身でご確認ください。

機内で配布される書類に関して

機内で入国に必要な書類がセットで渡されます。私が渡航した際には日本人は片手ほどの人数しか登場していなかったため海外労働しているフィリピン人の方が必要な書類もそのセットには含まれていました。ご自身に必要な書類か否かを判断してご記入されてください。

機内で配布される書類一覧

1.health declaration card (黄色の紙)

到着後に機内で検温した後回収されます。
ひとり1枚記入

2.arrival card

イミグレーションで回収
ひとり1枚記入

3.passenger undertaking


家族で1枚 空港を出る前に回収
余白に同行の子供2名の名前と年齢を記入し家族で1枚提出

4.custom card

税関で回収
家族1枚提出

5.IATF declaration form

こちらの紙は3人分記入したのですが、回収されませんでした。手もとにありホテルに隔離されて6日目にするPCR検査時に回収かと思っていましたが、回収されることなく隔離生活も終えました。

6.overseas workers welfare administration

機内で配られますが記入しませんー日本人には不要です

マニラに到着してからの流れ

飛行機がランディングした後の流れを簡単にリストアップします。私の場合は外国籍者でフィリピン国籍の海外労働者(OFW)ではありませんので、到着したらNON-OFWの方へいかなければなりません。OFWの方は違う流れになります。

① 機内でのブリーフィング・検温

機内でまずブリーフィングがあり、検温して黄色の紙を回収されます。その際にOFWでない場合は飛行機を降りた後にゲート7のブースに進むようにアナウンスが流れます。ブリーフィングが終了すると機内から移動を許可されますので、アナウンスを聞き逃した方は、みんなが歩くほうに進んでみてください。
長い距離歩くので途中心配になりますが、基本的に国際線到着荷物受取所と案内のあるほうに進んでいけば最終的にOFWの待合所とNON-OFW待合所の案内がでてきます。日本国籍者はNON-OFWですのでNON-OFWの待合室の方へ進みます。

② NON OFWの待合所でアライバルウェブ登録、ホテルブッキングの確認


出発までの流れに含まれるPALのマニラ空港到着ウェブ登録が事前に終わっておらず、登録を終了した搭乗者が持っているQRコードがない人やホテルブッキングがない人はこちらでアシストしてもらえます。

ゲート7近くに待合所があり、事前に登録をして隔離ホテルも確保できている人はこちらで待つ必要がなくスムーズに進めます。QRコードとホテルのコンファメーションメールをプリントアウトして持参すると早かったです。

③ 確認とPCR検査支払い-verification and payment booth 

ウェブレジストレーションのQRコードとパスポートを提示します。
スタブテストの支払い1人P4000を支払い、オフィシャルレシートをもらって、支払い済のシールをパスポート裏に張ってもらいます。
※オフィシャルレシートは到着してから6日目におこなうRT-PCRテストの際に提示を求められますのでなくさずに保管してください。スタブテストの支払いは現金でもカードでも可能でした。

イミグレーションに進む前にホテルのブッキングと送迎に関して確認があり、送迎の手配の確認もできたらイミグレーションに進みます。

④ イミグレーション

アライバルカード提出
そのほか入国に必要な書類を提示パスポートにACR-Iカードなど

⑤ 税関

カスタムカード提出
荷物をピックアップして、税関を通ります。

⑥ ホテル送迎ピックアップ場所へ行く

空港出る前にアンダーテーキングを提出

空港に到着後には隔離施設へプライベート送迎される手配が必要です。私はホテルに送迎をお願いしました。フィリピンに到着した日を1日目と数え、到着してから3日目にメールでPCR検査の受ける場所ホテル名の確認が入るのでそのメールの指示に従ってリコンファームをおこなえば入国から6日目の朝6時から夜の10時までの間にRT-PCR検査を行いにホテルの部屋まで来てくれます。6日までは、隔離施設から一歩も出ずに生活するしかありません。

まとめ

マクタン・セブ国際空港への入国を希望していましたが、キャンセルが続きマニラにしか入ることができず急遽マニラに入国しました。コロナの感染に気を使いながら海外に渡航するのはそれだけで疲れますが、3人分の書類を機内で記入するのは枚数が多いので大変でした。しかし、想像していた以上に入国の流れはしっかりラインができていて事前にやっておくことを済ませておけば自分の番を待つだけで進んでいけるので空港到着からホテルへ出発までに思ったより時間はかかりませんでした。おそらく私がフィリピンへ入国したのは2021年3月21日でマニラ ニノイ・アキノ国際空港は乗り入れ便に制限をかけていたので入国者数も激減していたのでスムーズに感じたのかもしれません。フィリピンへ渡航される際には最新の情報を各機関へご確認のうえ渡航してください。

その他カテゴリの最新記事