和歌山県植物公園 緑化センターに行こう! (Let’s go Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center )

和歌山県植物公園 緑化センターに行こう! (Let’s go Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center )

広大な10.23haの敷地には季節ごとにシーズンを迎える花が綺麗に咲いています。四季が体感できたり、植物に関して学んだり、さらに子供たちが体を使っておもいっきり遊べる大きな公園もあります。カップルで四季折々の花を楽しんだり、家族でゆっくり自然の中で過ごしたり、仲間と一緒に花見を楽しんだり、あなたに合った1日を和歌山県植物公園緑化センターで過ごしませんか?

The vast 10.23ha site is beautifully blooming with seasonal flowers. There is also a large park where you can experience the four seasons, learn about plants, and even have children play with their bodies. Why don’t you spend a day that suits you at the Wakayama Prefectural Botanical Park Ryokka Center, where you can enjoy the seasonal flowers as a couple, spend time with your family in the nature, and enjoy seasonal flowers viewing with your friends?

和歌山県植物公園緑化センター基本情報
Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center

緑化センター入口
Entrance of Ryokka Center

住所/ ADD : 〒649-6211 和歌山県岩出市東坂本672
672 Higashisakamoto, Iwade City , Wakayama Prefecture 649-6211
電話 / Tel : 0736-62-4029
ウェブサイト / Website : http://www.w-botanicalgarden.jp/
開園時間/ Operation Hours : 9:00~17:00
(最終入園時間 / Last entry time : 16:30)
お休み / Closure : 毎週火曜日(祝日の場合翌平日) Every Tuesday (If Tuesday is holiday, following day will be closed) 年末年始 Year End & New Year
〔8月中は火曜と水曜日定休〕
【August : Every Tuesday & Wednesday close】
駐車場/ Parking あり 無料 Free of Charge

和歌山県植物公園緑化センター とは?
What’s Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center ?

芝生広場からパノラマ花壇が見渡せます
You can overlook the panoramic flowerbed from the lawn square

1979年に開園した地元の子供たちが遠足に訪れる親しみのある緑化センターは四季の花々を植えている花壇、熱帯や亜熱帯の観葉植物を育てている温室、最近リニューアルされた子供が遊べるわんぱく広場やウッディハウス、蓮池などの施設があります。また、和歌山県内の優良土産品を販売する”紀州ふるさとの店”が併設されています。

Opened in 1979, the familiar Ryokka Center for local children to visit is a flowerbed planting flowers of the four seasons, a greenhouse growing tropical and subtropical foliage plants, a Wanpaku plaza where recently renewed children can play. There is also a “Kishu Furusato-no-mise” that sells excellent souvenirs from Wakayama prefecture.

園内ルール
Rules of the Park

基本的にどこの公園も最低限のマナーを守ってもらうことをお願いしているので来園する方がみんな気持ちよく利用できるように守りたいルールです。

Basically, they ask the guests to follow the minimum etiquette. It is a rule that we want to follow so that everyone who visits can use it comfortably.

  • 園内禁煙 / None Smoking inside the park
  • ペット持ち込み禁止(身体障碍者補助犬を除く)/ No pets allowed (excluding assistance dogs for person with disabilities)
  • バーベキューなどの火気の使用禁止 / Not allowed BBQ or using fire
  • 飛行機、ヘリコプター、ドローンなどラジコンの禁止 / Prohibition of radio control such as airplanes, helicopters, drones
  • 園内バイク、自転車、スケボーの禁止 / Prohibition of motorcycles, bicycles and skateboards in the park
  • ごみは持ち帰る/ Please take your trash home

和歌山県植物公園 緑化センター エリア案内
Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center Area Info

10.23ヘクタールという広大な敷地には魅力が沢山あります。
四季折々に楽しめる花壇などがあるため時期により見どころになる箇所がことなりますので来園前にははなごよみを確認するのをお勧めします。

The vast site of 10.23 hectares has many attractions. Since there are flower beds that you can enjoy in each of the four seasons, there are different places to see depending on the season, so it is recommended to check the flower calendar of park website before going to the park.

パノラマ花壇
Panorama flowerbed

約3500m2の広さの花壇には2万株の季節感あふれる花や新しい品種が咲いています。緑化センターに入ってすぐにパノラマ花壇の色とりどりのお花が目に入り今の時期は紅葉も楽しめます。パノラマ花壇の下には芝生広場がありバトミントンやフリスビーをして思い思いに楽しめます。

20,000 seasonal flowers and new varieties are in bloom on the flowerbed, which is about 3,500 m2 in size. Immediately after entering the greening center, you can see the colorful flowers in the panoramic flowerbed and enjoy the autumn leaves at this time of year. Below the panoramic flowerbed is a lawn square.

温室
Greenhouse

一年中花が咲き乱れ訪れる人の心を和ませてくれます。温室では様々な植物が観察でき、サボテンの美しさに圧巻され、バナナやパイナップル、パパイヤを見てセブを思い出し、食虫植物に不気味さを感じたり、触ると縮んでしまう植物(おじぎそう)の不思議さを発見したり温室の中で随分時間を費やすことができます。

The flowers are in full bloom all year round, soothing the hearts of visitors. You can observe various plants in the greenhouse, and you will be overwhelmed by the beauty of the cactus. Banana, Pinapple and Papaya make us remember Cebu, Carnivorous plants make us feel weird, and Ojigisou(Mimosa pudica) make us wonder of the plant. We call Ojigisou ” makahiya plant ” in Cebu.

様々な種があり美しさにみとれてしまいます
There are various species and you can see the beauty

パパイヤ
papaya

食虫植物 なんだか不気味さを感じます
Carnivorous plant I feel something creepy

子供たちはMakahiya Plantだと喜んでいました。セブでも生息しているんですね。
Kids are excited to see Ojigisou. I didn’t know we can see it in Cebu.

バラ園
Rose Garden

75品種350株の色鮮やかなバラと香りを楽しめます。
You can enjoy the colorful roses and scents of 350 strains of 75 varieties.

梅園
Plum Garden

46品種75本の梅がまだ寒さの厳しい1月下旬から開花し始めます。春を告げる花として昔から人々に愛されています。

75 plums of 46 varieties will begin to bloom in late January, when the cold is still severe. It has long been loved by people as a flower that heralds spring.

アジサイ園
Hydrangea garden

50品種1000株のアジサイ園ではブルー、紫、ピンクなど色や形、咲き方などが異なるアジサイを楽しむことができます。

At 1000 hydrangea gardens of 50 varieties, you can enjoy hydrangeas with different colors, shapes, and blooms such as blue, purple, and pink.

わんぱく広場
Wanpaku Square

広い敷地に遊具が設置されています
Playground equipment is installed on a large site

遊具も新しくなり、ロープウェイ、流木渡り、壁渡り、大型複合遊具プラントパークなどこどもたちが楽しめる遊具が沢山あります。

The playground equipment has also been renewed, and there are many playground equipment that can be enjoyed by everyone such as ropeways, driftwood crossings, wall crossings, and plant park.

ロープウェイ(ジップライン)
rope way ( jip line)
流木渡り
Driftwood migration
ドキドキ橋
Exciting Bridge
壁渡り
Crossing Wall
大型複合遊具 プラントパーク
Large compound playground equipment plant park
健康物語
Walking for health
健康物語 靴をぬいで歩いてみましょう
Walk for health : Let’s walk without shoes
でこぼこ道
Rough Road
ぶら下がり
Hanging
ブラウンコンビ
Playground for small children

ハス池
Lotus Pond

3000m2の広さをもつハス池には木橋がかかり、中央には浮見堂がありまじかでハスをみることができます。残念ながら11月ではハスが咲いていませんが、木橋を秋晴れのなか歩くのは気持ちよかったです。

There is a wooden bridge over the Lotus Pond, which has an area of 3000m2, and there is a Ukimido in the center where you can see the lotus directly. Unfortunately, the lotus did not bloom in November, but it was nice to walk on the wooden bridge in the clear autumn weather.

つばき園
Tsubaki Garden

70品種130本。例年12月下旬から4月上旬にかけて様々な品種の花をお楽しみいただけます。

130 trees of 70 varieties. You can enjoy various varieties of flowers from the end of December to the beginning of April every year.

さくら園
Cherry Blossoms Garden

園内には21品種340本の桜も植えられています。毎年3月下旬から4月上旬が見ごろです。

340 cherry trees of 21 varieties are also planted in the park. The best time to see is from the end of March to the beginning of April every year.

紀州ふるさとの店
Kisyu Furusato No Mise

和歌山県の優良土産を販売するお店です。飲み物やスナックが欲しくなった時に立ち寄れます。こちらのショップでは和歌山県のマスコットきいちゃんのどら焼きが買えます。

It is a shop that sells excellent souvenirs from Wakayama prefecture. If you want to buy soft drinks and snacks, you may stop by shop. You can buy cute Wakayama Prefecture Mascot ” Kiichan ” Dorayaki here.

きいちゃん どら焼き&くりまん
Kiichan Dorayaki & Chestnut bun

和歌山県植物公園 緑化センターお勧めポイント
Wakayama Prefecture Bontanical Park Ryokka Center Recommended Points

いつ訪れても楽しめる温室
Any Season You can meet many plants at Greenhouse

和歌山和歌山県植物公園 緑化センターは四季折々のお花が楽しめる公園で訪れる時期により咲き誇るお花も変わることが魅力でもあります。しかし、いつ訪れても楽しめる温室ではめずらしい植物もあり、子供たちも楽しめます。フォトスポットも多いので立ち寄ってみてください。

Wakayama Prefecture Botanical Park Ryokka Center is a park where you can enjoy seasonal flowers. It is also attractive that the flowers that bloom in full bloom change depending on the time you visit. However, there are some rare plants in the greenhouse that you can enjoy whenever you visit, and children can also enjoy it.

大型複合遊具 プラントパーク
Plant Park / large compound playground

わんぱく広場には様々な遊具が設置されていますが、プラントパークは規模も大きく子供が楽しく走り回ることが出来る複合遊具です。いくつも上に登っていく方法があり、滑り台も違った形のものがあります。面白い仕掛けもあるので子供たちはなかなか帰ろうとしてくれません。大人もついて回れるスペースがあるので子供と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

プラントパーク
Plant Park
プラントパークの中は至るところに子供が楽しめる仕掛けがあります
There are devices that children can enjoy everywhere in the plant park
プラントパークには沢山の上り方や折り方があります
There are many ways to go up and down in the plant park
滑り台もいくつもあります
There are different kinds of slider
プラントパークからはハス池が一望できます
You can overlook Lotus Pond from Plant Park

自然を楽しみながら広い敷地をウォーキングできる
You can walk on a large site while enjoying nature

虹の橋
Rainbow Bridge

四季を感じながら広大な敷地を思うままにウォーキングすることができます。ウォーキングの途中にはジュラっシックパークの中に続くかと思える虹の橋があったり、虹の橋を渡った後には池にカモが優雅に泳いでいる背景に紅葉が見えたり、歩くだけで色々と違った景色を楽しむことができます。

You can walk around the vast site as you like while feeling the four seasons. During the walk, there is a rainbow bridge that seems to continue into Jurassic Park, and after crossing the rainbow bridge, you can see autumn leaves in the background where ducks are gracefully swimming in the pond, and there are various things just by walking. You can enjoy a different view.

 

まとめ

日曜日に訪れるとメインの駐車場が満車になっているほど地元の方でにぎわっている公園です。子供連れの家族やお年寄りのお客さんが多く、ほとんどの方は公園内でお弁当を食べたりしてゆっくり過ごしていました。公園内には展示室もあり、盆栽をみることができました。盆栽をみる機会がない子供たちには興味深かったようです。行くたびに違う景色を楽しめる和歌山県植物公園緑化センターに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

When I visited on Sunday, the park was so crowded with locals that the main parking lot was full. There were many families with children and elderly, and most of them spent their time relaxing in the park with lunch box. There is also an exhibition room in the park, this time we could see Bonsai there. Why don’t you stop by the Wakayama Prefectural Botanical Park Ryokka Center where you can enjoy different scenery every time you go?

( 和歌山県 パーク関連情報 / Related Articles of the parks of Wakayama Prefecture )
和歌山電鐵貴志川線沿線スポット交通ルールを学べる交通公園にいこう!(Let’s go to the Wakayama Traffic Park of the spot along the Kishigawa line of Wakayama Electric Railway)
海南市わんぱく公園 ( Let’s go Wanpaku Park, Kainan City )
和歌山の恐竜公園に行こう!Let’s go Dinosaur Park!
道の駅 四季の里公園 Food Hunter Park (Food Hunter Park Wakayama Shikinosato)

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事