たま電車で有名な和歌山のローカル電車を楽しもう!(Let’s ride the retrospective Japanese train “TAMADEN” in Wakayama!)

たま電車で有名な和歌山のローカル電車を楽しもう!(Let’s ride the retrospective Japanese train “TAMADEN”  in Wakayama!)

和歌山駅~貴志/伊太祈曽駅を結ぶ和歌山電鉄貴志川線は日本一豊かなローカル線をめざしたユニークな猫の駅長がいるローカル線です。

Wakayama Electric Railway Kishigawa Line which runs from JR Wakayama Station to Kishi Station with total 14 stops. Kishigawa Line aims the most unique and heartfelt local train.

和歌山電鐵貴志川線基本情報
Basic info of Wakayama Electric Railway

和歌山電鐵/ Wakayama Electric Rail way
ウェブサイト(日本語): https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/
Website (English) : https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/en/
和歌山県和歌山市のJR和歌山駅~和歌山県紀の川市の貴志駅を走る電車です。
路線距離:14.3キロ
駅数:14駅
有人駅:和歌山駅/伊太祈曽駅
全線単線、交換可能駅駅:日前宮駅/岡崎前駅/伊太祈曽駅
※ほかの電車に乗り換えたいと思っている場合は交換可能駅で乗り換えが可能です。

和歌山電鉄は岡山電気軌道の100%子会社で両備グループとして2006年より貴志川線を運営しています。廃線を検討していた南海電気鉄道より貴志川線の運営を引き継ぎ和歌山電鐵貴志川線の運航を開始しました。貴志川線の特徴はなんといっても電車の内装・外観、そして猫の駅長がいるなど独自な運営方法で多くの人を魅了していることです。

Wakayama Electric Railway Co.,Ltd which is subsidiary of Okayama Electric Tramway of Ryobi group, has been operating Kishikawa Line since 2006. They took over the operation from Nankai Electric Railway which had been considering the abandoned line of Kishikawa Line. The unique features of Kishikawa line is such as train’s concepts and designs and also the famous cat stationmaster “Tama”. The unique operations attract many people from all over the world.

※From JR Wakayama station to Kishi station, route distance is 14.3km, 14 stops by single operation line. If you want to change the train, you should change the train at Nichizengu station, Okazakimae station or Idakiso station (Due to single operation line, only at those 3 stations you can transfer the train to inbound or outbound).

和歌山電鐵路線図 Route Map

電車の種類 Trains

貴志川線の特徴の1つでもある内装や外観にこだわった電車ですがいくつぐらい種類があるのでしょうか?テーマ別にみていきましょう。

Let’s see what kind of trains run at Kishikawa Line!

いちご電車 (iChiGo EC)

いちごの栽培でも有名な貴志川。2006年に和歌山貴志川線としてリニューアルデザイン列車第一弾として ”いちご電車” が登場しました。水戸岡鋭治さんのデザインしたいちご電車はボディーが白に赤をポイントとしたデザインが施されておりとても愛らしい電車です。

Look at this white body with a little accent of red. What an cute outlook iChiGo EC is ! The Theme of this train is ICHIGO (which means strawberry), is one of the specialty products of Kishigawa and this train was renovated the body as IChiGo EC(Strawberry train) in 2006.

おもちゃ電車 (OMODEN)

いちご電車の次にはリニューアル電車第2弾として2007年に真っ赤なボディのおもちゃ電車が登場しました。子供から大人まで乗って楽しめるように水戸岡鋭治さんがデザインをした電車です。世界で初めて車内のガチャガチャマシーンでおもちゃの販売をはじめました。

Next of IChiGo EC, OMODEN appeared as a 2nd renovated theme train in 2007. OMODEN means Toy train. This train was the first train in the world to sell toy by GachaGacha(Capsule-toy vending machine ) in the train. Once you step in the OMODEN, you must be cheered up by displayed toys around you and the colorful seat with warm natural wood.

たま電車 (TAMADEN)

referred from Wakayama Electric Railway HP

2009年リニューアル列車第3弾では2008年に貴志駅の駅長に就任した”たま”をモチーフにたま電車が登場しました。列車のボディーには101ポーズのたまが描かれています。内装もかわいい”たま”をイメージしてつくられておりさらに形、色、素材にもこだわりネコロジカルなデザインがほどこされています。

TAMADEN was appeared as a 3rd renovated train in 2009.Tama is a calico cat who was appointed as a station master of Kishi station in 2008. 101 Tama drawn to train’s body. Interior of Train also bring you sweet and happy time.

たま駅長とは? (Stationmaster TAMA)

貴志駅の売店で飼われていた三毛猫の”たま”は2007年に和歌山電鐵より正式に貴志駅の駅長に任命され、猫の駅長として世界的に有名となりました。主な業務は客招きで、報酬は年俸として1年分のキャットフードを受け取っていました。みんなに愛されながら2015年に他界した後も名誉永久駅長の称号を与えられ、貴志駅にはたまの神社もありそこで今でも貴志川線の利用者を見守っているそうです。たまが他界した後は2012年から貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長に任命されていた三毛猫 ”ニタマ” が”たまⅡ世駅長”を襲名しました。

Tama was a calico cat and has been appointed as a station master since 2007 and she became very famous in the world. Major task was being a beckoning cat and she had received 1 year cat food as a annual salary for her work. Unfortunately she passed away on June 22,2015.After her death she was given ” Honorable Eternal Stationmaster ” from Wakayama Electric Railway. There is Tama Shrine in Kishi station platform. “Tama” the godness of Wakayama Electric Rainway and Local Public Transport welcomes you to Kishigawa Line.

Left side is Tama shrine of Kishi station

たまミュージアム (TAMA Musium)

貴志川線の最終駅である貴志駅にたまミュージアムはあります。
ネコ型の駅舎にはたまミュージアム、たまカフェまた売店がありたまが他界した現在は伊太祈曽駅の駅長であったニタマが貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長に就任しシフト制で貴志駅に勤務しています。

At “Kishi station” last stop of Kishigawa line, There are Tama museum, Tama cafe and Tama gift shop. As of now “Nitama” who had worked at Idakiso station was succeeded to Tama’s position and called “Tama the 2nd stationmaster”.If you want to see her working, you better check her shift before visit Kishi station at https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/en/

うめ星電車 (UMEBOSHI DENSHA)

2016年リニューアル4弾として登場したのがうめ星電車。紀州和歌山を代表する特産物の梅干しをモチーフに和のテイストあふれる電車が水戸岡鋭治さんのデザインで登場しました。

As a 4th theme renovated train, UMEBOSHI DENSHA appeared in 2016. The theme comes from UME (Plums) is one of the specialty products in Wakayama. Train’s design is very Japanese taste (old fashion), you can enjoy the old days of Japan.

チャギントン電車 (CHUGGINTON DENSHA)

人気のアニメ「チャギントン」のキャラクターがボディに描かれたラッピング電車。2019年3月より和歌山電鐵の親会社である岡山電気軌道がアニメのキャラクターを実車化した路面電車”おでかけチャギントン”を岡山で運行するPRのために登場しました。

Chugginton wrapping train appeared as a promotion for Chugginton tram operated by mother company of Wakayama Electric Railway in Okayama.

まとめ

廃線が検討されていた路線は多くの人に支えられ、電車をリニューアルし新たな猫の駅長を迎えさらに注目を浴び常に乗る人を喜ばせる工夫を取り入れています。その温かい工夫は電車の中でも見つけることができます。メタルのイメージが強い電車の内装に天井やフロア、手すりなどに自然の木を使用し温かみを出し、さらに木で作られたベビーベットがある車両は大人から子供まで喜んでもらいたいという和歌山電鐵のおもてなしを感じます。それぞれの電車にしっかりとしたコンセプトがあり、車中の細部にまで関心させられます。個人的にはうめ星電車の障子や木製すだれ、和テーストののれん、シートや天井には梅の花や実のデザイン、ボディの梅を思わせる温かい赤すべてが気に入りました。こんな電車で毎日通学、通勤が出来たらどんなに忙しい毎日でもひと時の安らぎや楽しさが感じられるなと思いました。和歌山の貴志川線に揺られながら四季折々の違った顔をもつ自然を見ながらレトロなローカル電車を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

色々なテーマの電車に乗ってみたいという方のために1日乗車券もあります。
和歌山駅から貴志駅の往復を考えているようでしたら1日乗車券を購入し好きな電車に乗り換えて途中下車などして楽しむのもいいでしょう。

※毎日すべての種類の電車が走っているわけではないのでどうしても乗りたいテーマの電車がある場合は事前に運行状況を確認することをお勧めします。

Kishigawa Line was about to be abandoned but after Wakayama Electric Railway took over the management, it became one of the success local trains in Japan. That success comes from not only various idea of renovated trains but also Station master “Tama”. We also can tell that all the efforts of Wakayama Electric Railway were made with many supports of people. You can see the supporter’s name in each train. Making all passengers of Kishigawa line happy is one of the concept of renovated train. When I ride Kishigawa line, I feel like I was back to my childhood. Especially I love UMEBOSHI DENSHA. The Seats and ceilings use natural woods and flowers and seeds of Plum are drawn. Even the sun shades of window are made by natural bamboo with Japanese style paper screen. Every detail of the train make me feel Japan’s cultures. How about visit Wakayama and try the ride of Kishigawa line to enjoy the views changing in each seasons through attractive renovated trains?
※not all the themed trains are running everyday.

There is reasonable 1 day pass, if you are planning to ride roundtrip from JR wakayama station to Kishi station, you better purchase 1 day pass.

UMEBOSHI DENSHA
UMEBOSHI DENSHA
1 Day pass

(和歌山電鐵貴志川線沿線スポット記事 / Related Articles of Wakayama Electric Railway, Kishigawa Line)
和歌山のローカル電車貴志川線最終駅にあるたまミュージアムに行こう! ( Let’s visit TAMA MUSEUM of Kishi Station, Wakayama!)
和歌山電鐵貴志川線沿線スポット交通ルールを学べる交通公園にいこう!(Let’s go to the Wakayama Traffic Park of the spot along the Kishigawa line of Wakayama Electric Railway)

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事