じゃぱん♥ぬーどるずトリオのどん兵衛 すき焼きを試そう!(Let’s try Japanese taste “Sukiyaki Udon” of Donbei!)

じゃぱん♥ぬーどるずトリオのどん兵衛 すき焼きを試そう!(Let’s try Japanese taste “Sukiyaki Udon” of Donbei!)

2020年7月6日に販売開始となったじゃぱん♥ぬーどるずトリオの1つである “どん兵衛 すき焼き風うどん” を紹介します。”カップヌードル抹茶” と “U.F.O やきそば 梅こぶ茶” そして今回ご紹介する”どん兵衛 すき焼きうどん” でトリオの完成です。

I would like to introduce “ Donbei Sukiyaki Udon ” of Nissin Food Products Co.,Ltd, one of the trio of ” Japan ♥ noodles ” that was sale on 6th July, 2020.Not only package but also the taste of noodle makes you satisfy with it.

どん兵衛とは?
What’s Donbei?

日清のどん兵衛は業界初のどんぶり型容器でデビューしました。
1976年8月に初めて販売されたのはどん兵衛きつねうどんです。その後3か月後にはどん兵衛天ぷらそばを発売し、翌年にはきつねそばを発売、1979年には天ぷらうどん、1981年カレーうどん、1986 年には肉うどんと常に新しい商品を生み出しています。1976年の初めての登場時から東日本と西日本ではスープの味を変えて販売していました。最近の商品ですと汁なしそばやうどんまで発売されています。また消費者のシニア向けにあっさり味のだしスープの商品など、時代の流れとともに常に商品を進化させ続けています。

Nissin’s Donbei made its debut with the industry’s first bowl-shaped container. Donbei Kitsune Udon was first sold in August 1976. Three months later, Donbei Tempura Soba was released, Kitsune Soba was released the following year, Tempura Udon in 1979, Curry Udon in 1981, and Meat Udon in 1986. They are constantly creating new products. Recently they released the new products of Udon and Soba without soup. In addition, they are constantly evolving their products with the passage of time, such as light-tasting soup products for senior consumers.

なぜ東日本と西日本ではスープの味を変えるの?
How they change the taste of soup for East and West Japan?

関東と関西のつゆの味付けが異なり、関東は濃い目の鰹だしが基本で見た目も関西の人に言わせると黒いと言われています。その反対に関西は透き通る色をしており、薄口の昆布だしとなります。それには水の違いが関係していて、関東の水は硬水のため昆布だしより鰹の方がだしが出やすく、関西は軟水のため昆布だしが出やすいという違いも関係しています。そういった関東と関西でのうどんやそばのつゆの味付けの違いにも目を向け1976年のどん兵衛発売初期から東日本向けには濃い口しょうゆと鰹のうまみを生かした関東風のつゆ、そして西日本向けには薄口醤油と昆布のうま味を生かした関西風のつゆが使われています。
東京育ちの私は初めて関西でどん兵衛を食べたとき味が薄く驚きました。今では関西のうどんの方が美味しいと思うようになりましたが、皆さんはいかがでしょうか?

The seasoning of the soup stock in Kanto (Eastern Japan) and Kansai (Western Japan) is different, and it is said that Kanto is basically dark bonito broth and looks black. On the other hand, Kansai is clear kelp soup stock. The difference in water is related to this. The water in Kanto is hard, and it’s easy to take Dashi from Bonito than Kelp and the water in Kansai is soft so that it’s easy to take Dashi from Kelp. Since they produced first Donbei Kitsune Udon in 1976, they made different Udon and Soba soup for Eastern and Western Japan. For Eastern Japan, they make soup with strong soy sauce and Bonito broth and for western Japan, they make soup with lighter soy sauce and kelp stock.

どん兵衛すき焼きを食べてみよう!
Let’s try Donbee Sukiyaki Udon!

それではどん兵衛すき焼きを食べてみましょう。
Let’s see try and see inside of Donbei-Sukiyaki!

どん兵衛の食べ方
How to make Donbei

外国の方にとっては作り方が分からないかもしれませんので念のため作り方もご紹介します。

Let’s make Donbei!

Step 1 : 容器の中からスープとかやくを取り出しましょう
Open the cover and get the soup and dried ingredients from the bowl

Step 2 : かやくを容器の中にあけていれましょう
Open dried ingredients on the left side and put it into the bowl before pouring boiled water

This one is dried ingredients, the other one is soup

Step 3 : かやくを入れた容器に沸騰させたお湯を内側の線まで注ぎましょう
After put dried ingredients in the bowl, pour the boiled water to the bowl up to the inside written line

Step 4 : ふたを閉めてスープをその上であたためて5分待ちます
Cover the bowl and put the soup on the top of cover and wait for 5 mins

Step 5 : 5分たったらスープを中に入れて食べましょう
After 5 mins, put the soup in the bowl and mix the soup, then eat!

スープを開けた際にすき焼きの甘い匂いが漂います。スープの味が本当に甘くお肉のうま味が凝縮されたスープにいつものどん兵衛のうどんでなんだか不思議な感じでしたが、すき焼き風うどんです。すき焼き好きにはたまらない一品です。

Right after open the soup, you can enjoy the sweet smell of Sukiyaki. The taste of the soup is really sweet and the umami of the meat is condensed in the soup. It was a strange feeling with the Donbei udon ( because I’m used to normal flavor of Donbei…) , but as a sukiyaki-style udon, it is very yummy. You better try it.

まとめ

このどん兵衛すき焼きうどんでじゃぱん♥ぬーどるトリオは完結するのですが、もともとこのシリーズは日清の代表即席めんブランドから和の世界観を表現した”カップヌードル抹茶”、”日清焼きそばU.F.O梅こぶ茶” そして”どん兵衛すき焼きうどん”のトリオとして発売されました。どの商品も日本の味を表現するのに世界的に有名な抹茶、梅こぶ茶、そしてすき焼きをテーマに作られており外国人の方の興味を弾き付けるトリオです。味だけではなく、パッケージにも凝っており今の日本と昔の日本の風景や文化を掛け合わせた浮世絵風のイラストが描かれており日本のお土産としても喜ばれると思います。常に新しい商品が発売されているのでじゃぱん♥ぬーどるずシリーズに新しい商品が新たに加わることを期待して待ちたいと思います。

This ” Donbei Sukiyaki Udon ” is the last one of Japan ♥ Noodle Trio Series.
Originally, this series was released as a trio of “Cup Noodle Matcha”, “Nissin Yakisoba UFO Umekobucha” and “Donbei Sukiyaki Udon” expressing the Japanese world view from Nissin’s representative instant noodle brand. All products are made with the theme of matcha, Kelp tea with Plum, and sukiyaki, which are world-famous for expressing the taste of Japan, and are a trio that attracts the interest of foreigners. Not only the taste, but also the packaging is elaborate, and the ukiyo-e style illustrations that combine the scenery and culture of Japan today and the past Japan are drawn, and I think that it will be a great souvenir of Japan. I just hope that new products will join Japan ♥ Noodle series in near future!!!


セブでインスタントヌードルというと個人的にすぐ思い浮かぶのは日本に帰国する際にお土産で買ってきたりするLucky Me!のパンシットカントン(インスタントやきそば)です。1989年から発売されているLucky Me!ブランドですがオリジナルフレーバー、カラマンシーフレーバー、ホットチリフレーバーなどがありお勧めはカラマンシーとホットチリを買ってそれを混ぜて食べるのがお勧めです。
セブに来た際にはスーパーでLucky Me!のパンシットカントンを是非お土産に買ってみてください。

Speaking of instant noodle in Cebu. I would like to recommend you to try Lucky Me! Pancit Canton (fried noodle). Since 1989 it has been loved by Filipino. They have several flavors, like original, karamansi, hot chili and so on. My recommend flavors are Karamansi and Hot Chili, just get 2 of them and mix it together when you eat it. the taste becomes pretty yummy.
How about try Filipino loving instant noodle Lucky Me ?

(じゃぱん♥ぬーどるずトリオ関連記事 / Related Articles of Japan ♥ noodles trio)
じゃぱん♥ぬーどるずトリオのカップヌードル抹茶を試そう!(Let’s try Japanese taste “Matcha” Cup Noodle!)
じゃぱん♥ぬーどるずトリオのU.F.O 梅こぶ茶を試そう!(Let’s try Japanese taste “Umekobucha” U.F.O Fried Noodle!)

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事