和歌山のローカル電車貴志川線最終駅にあるたまミュージアムに行こう! ( Let’s visit TAMA MUSEUM of Kishi Station, Wakayama!)

和歌山のローカル電車貴志川線最終駅にあるたまミュージアムに行こう! ( Let’s visit TAMA MUSEUM of Kishi Station, Wakayama!)

可愛いネコ型の駅舎:貴志駅
Cute cat-shaped station building : Kishi Station

和歌山県で走っているレトロな電車貴志川線の最終駅”貴志駅”には今は亡き初代猫の駅長たまのミュージアムがあります。テーマに基づいて内装、外装をリニューアルした貴志川線ならではの電車に揺られてたまミュージアムに訪れてみませんか?

At “Kishi station” last stop of Kishigawa line, There is “Tama museum”.
Tama was a calico cat and has been appointed as a station master since 2007. Unfortunately she passed away on June 22,2015.After her death she was given ” Honorable Eternal Stationmaster ” from Wakayama Electric Railway. For Honorable Eternal Stationmaster “TAMA”, There is Tama Museum at Kishi Station. How about riding  retrospective Japanese trains of Kishigawa line and stop by Tama Museum?


和歌山電鐵貴志川線のレトロな電車の詳細は下記の記事をどうぞ。
Related article of Kishigawa Line of Wakayama Electric Railway, please visit below:

たま電車で有名な和歌山のローカル電車を楽しもう!(Let’s ride the retrospective Japanese train “TAMADEN” in Wakayama!)

たまミュージアム基本情報
Tama Museum Basic Info

和歌山電鐵貴志川線 貴志駅 入口
Entrance of Kishi Station, Wakayama Electric Railway
入口右手側に現在はたまカフェとショップが同じスペースで営業しています。
向かって左手側にあったショップスペースは現在閉鎖中
On the right side, there is Tama Cafe. Due to Corona Virus Pandemic, they put gift shop items in Cafe space and you can purchase it at the cafe.
(ショップのアイテムをたまカフェへ移し販売しています)

住所 / Add : 〒640-0413 和歌山県 紀の川市 貴志川町神戸803
803 Koudo, Kishigawa Cho, Kinokawa City, Wakayama Prefecture 640-8313 Japan
電話 / Tel : 073-478-0110(和歌山電鐵 / Wakayama Electric Railway)
入場料 / Entrance Fee : 無料 Free of charge
駐車場 / Parking Area : なし / NA
※伊太木曽駅前に駐車スペースあり。有料。
There is parking space in front of Idakiso Station (with charge).
※年中無休 Open Year Around
※たまカフェ 毎週水曜日お休み / Tama Cafe close every Wednesday
※たまカフェ 営業時間 : 10:00~16:00 (コロナウィルスの関係で短縮営業中)/ Tama Cafe operation hours : 10:00~16:00 ( Shorten operation hours due to Covid19 Pandemic)
※There might be irregular holidays

たまミュージアム施設案内
Tama Museum Facility Info

貴志駅到着後構内から駅舎への入口
Entrance to the station building from the premises of station after arriving at Kishi Station
階段を降りると初代駅長たまの職場の跡や現在の駅長ニタマの勤務状態をみることができます。
After going down stairs, you can see the worked place of Honorable Eternal Stationmaster, Tama and Nitama, Tama the 2nd stationmaster.

名誉永久駅長たまの生前の職場がそのまま残されています。
Honorable Eternal Stationmaster Tama’s workplace at Kishi Station.
また、カフェの中にはたまが着た衣装なども飾られています。
Inside the Tama Cafe, You can also check the clothes of Honorable Eternal Stationmaster Tama

二代目駅長のニタマはお仕事中です
2nd Station Master Nitama is on duty

たまミュージアムは和歌山電鐵の最終駅貴志駅内にあります。そして貴志駅のたまミュージアムにはたまカフェとたまショップが併設されています。

At Kishi Station, There is Tama Museum where you can see Tama’s history who is Honorable Eternal Stationmaster, and even you can meet 2nd station master, Nitama. (you can check the shift at Wakayama Electric Railway Homepage.) The Museum has Tama Cafe and Gift Shop.

電車の時刻表やデザインの確認ができるサイト / Time Table of Kishigawa Line and the train’s design :https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/timetable_list/

ニタマのシフトを確認できるサイト / To check 2nd Station Master Shift :
https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

たまカフェ
Tama Cafe

営業時間: 9:15~17:15
※ 現在コロナウィルスパンデミックの影響で営業時間短縮中 10:00~16:00
Tama Cafe Operation Hours : 10:00~16:00 due to covid19 pandemic

可愛い飲み物やデザートを楽しめるたまカフェ
At Tama Cafe, You can enjoy Cat’s designed drinks or desserts

店内もウッドを多く使用した温かい雰囲気のカフェです。
The inside of the cafe is used a lot of wood and can feel warm atmosphere
屋根は地元のヒノキの皮を張り重ねた伝統工芸檜皮葺(ひわだぶき)で中から見ても素晴らしいです
The roof is a traditional craft of hinoki cypress, which is made of local cypress skins. Even from the inside of the building, we can see how beautiful traditional craft of hinoki cypress.

たまショップ
Tama Shop

営業時間: 10:00~16:15
※ たまショップは現在コロナウィルスパンデミックの影響でたまカフェと同じスペースにてショップアイテムを販売中。
Tama Shop put their items inside of Tama Cafe due to Covid19 Pandemic.

たまの可愛いアイテムがいっぱいあります
There are many cute items of Tama
たまグッズの近くにはたまが生前に受賞した表彰状などが展示されています。
A certificate of commendation that Tama received during his lifetime is displayed near the Tama goods.
グッツにはたまの絵馬も販売されています。
They have Ema of Tama

貴志駅構内を探検
Explore the premises of Kishi Station

貴志駅には至る所にたまがいます。2015年にたまが他界した後は和歌山電鐵より名誉名誉永久駅長の称号を与えられ、貴志川線の利用者を見守っているたまを祭った神社が構内にはあります。

After her death she was given ” Honorable Eternal Stationmaster ” from Wakayama Electric Railway. There is Tama Shrine in Kishi station platform.

たまカフェ内で販売されているたまグッツにはたまの絵馬があり、そこで購入してたま神殿に結んでおくことができます。貴志駅を訪れた記念に絵馬に願いをのこしてみてはいかがですか?

You can purchase the Ema of Tama at the gift shop, How about getting it and leave your wishes at Tama Shrine of Kishi Station?

左上にあるのが絵馬の実物
Left up, you can see the actual Ema of Tama
願いをたまに残せばきっとかないます
Your wish might come true…..
電車を降りた際には是非たま神社をおとずれてみてください
After arriving Kishi Station, please visit Tama Shrine

まとめ

和歌山を訪れた際には是非JR和歌山駅始発の和歌山電鐵貴志川線のレトロなローカル列車に揺られて一日ゆっくりと違った趣のあるデザイン電車を堪能してもらいたいとおもいます。そして貴志川電車沿線の観光地を訪ねならさ最終駅のたまミュージアムで心温まる時間を過ごしてみませんか?

When you visit Wakayama, I would like you to enjoy a different and quaint design train for a day, swayed by the retro local train on the Wakayama Electric Railway Kishikawa Line, which departs from JR Wakayama Station. And why don’t you spend a heartwarming time at the Tama Museum at the last station after you visit sightseeing spots along the Kishigawa train?

今回も和歌山電鐵貴志川線一日乗車券を購入して朝から子供たちとゆったり和歌山の美しい自然を車窓越しに見ながら楽しみました。

This time we also purchased 1 day tickets of Wakayama Electric Railway Kishigawa Line and we enjoyed the beautiful views of Wakayama from the train.


(和歌山電鐵貴志川線関連記事一覧 / Related Article of Wakayama Electric Railway, Kishigawa Line)
たま電車で有名な和歌山のローカル電車を楽しもう!(Let’s ride the retrospective Japanese train “TAMADEN” in Wakayama!)
和歌山電鐵貴志川線沿線スポット交通ルールを学べる交通公園にいこう!(Let’s go to the Wakayama Traffic Park of the spot along the Kishigawa line of Wakayama Electric Railway)


YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事