高知県立のいち動物公園に行こう (Noichi Zoological Park of Kochi Prefecture)

高知県立のいち動物公園に行こう (Noichi Zoological Park of Kochi Prefecture)

高知県立のいち動物公園基本情報 (Basic Info of Noichi Zoological Park of Kochi Prefecture)

Add: 〒781-5233  高知県香南市野市町大谷738
738 Otani, Noichi-cho, Konan-shi, Kochi
781-5233 Japan
Tel: 0887-56-3500
Email: noichizoo@k9.dion.ne.jp
ウェブサイト: http://www.noichizoo.or.jp/
Website(Eng): http://www.noichizoo.or.jp/language/eng-index.htm

エリア案内 (Areas)

広大な敷地はそのままの自然の地形を残しそれをうまく利用して動物たちの生息地を植物や岩などで再現しています。緑溢れる動物公園はエリア別にテーマを変えて動物たちを展示しています。

There are several areas which are made with natural plants or rocks to display different kinds of animals in huge park filled with nature. Noichi Zoological Park aims to make the place ” Where both people and animals have a good time “. The zoo is divided into several zones and more than 1200 animals from about 110 species live.

温帯の森 (Temperate Forest)

水鳥、カリフォルニアアシカ、アメリカビーバー、レッサーパンダ、カワウソに会えるエリア

Area of Waterfowl, California sea lion, American beaver, Lesser panda, River otter.

Capybara

熱帯の森 (Tropical Forest)

チンパンジー、フラミンゴ、ワオキツネザル、シロテテナガザル、メンフクロウ、オオコウモリ、キンカジューに会えるエリア

Area of Chimpanzee, Flamingo, Ring-tailed lemur, White-handed gibbon, Barn owl, Fruit bat, Kinkajou.

Entrance to Nocturnal Animals

サバンナゾーン/アフリカ・オーストラリア (Savanna Zone/Africa and Australia)

ブチハイエナ、セネガルショウノガン、アミメキリン、グラントシマウマ、マンドリル、ミーアキャット、ハシビロコウ、オオカンガルー、ベネットアカクビワラビー、エミュー・ロウバシガンに会えるエリア

Area of Spotted hyena, White-bellied bustard, Reticulated giraffe, Grant’s zebra, Mandrill, Meerkat, Shoebill stork, Eastern grey kangaroo, Red-necked wallaby, Emu and Cape Barren goose

hyena
Shoebill stork
Meerkat

ジャングルミュージアム (Jungle Museum)

ミナミコアリクイ、フタユビナマケモノ、アカハナグマ、カピバラ、メガネカイマン、ウンピョウ、ビントロング、トッケイヤモリ、マレーグマ、ヒイロニシキヘビ、オニオオハシに会えるエリア

Area of Southern tamandua, Two-toed sloth, South American coati, Capybara, Spectacled caiman, Clouded leopard, Binturong, Tokay gecko, Malayan Sun bear, Red python, Toco toucan

Two-toed sloth
Nail of Two-toed sloth
Malayan Sun bear
Gift shop

子供動物園 (Children’s Zoo)

アナホリフクロウ、ポニー&野間馬、モルモット、プレリードッグ、ペンギン、二ホンリスに会えるエリア

Area of Burrowing owl, Pony & Noma horse, Guinea pig, Prairie dog, Penguin, Japanese squirrel

Penguin

動物科学館 (Animal Science Museum)

園内の案内所および、売店 ” のいちご ”、レストラン ” ラクーン ”に併設されている動物科学館では身体を使って動物のことを楽しく学ぶことができます。小さな図書館もあるので空調の効いている屋内でゆっくりしたい人にもおすすめです。

Animal Science Museum is in same building with information center, Gift Shop “Noichigo” and Restaurant ” Racoon”.
At Animal Science Museum, you can learn about the animals with using your bodies, run, jump, push, think, etc. And also there is mini-library with air-condition. Kids and parents can relax together here.

ソーラーバイオシェル (Solar Bioshell)

のいち動物公園を車で訪れる方々が利用できる無料駐車場にはソーラーバイオシェルが設置されています。エネルギー問題を考えたのいち動物園では有限ある地球の資源を使わず、環境に有害な物質を排出することもなく、太陽エネルギーを直接電気に変えることができるソーラーバイオシェルを利用しています。

Guests who visit Noichi Zoo with own cars can use the parking area for free. If you see the parking area, you can see the building looks like roof, but it’s not roof for cars, it’s Solar Bioshell which can directly convert solar energy into electricity without using limited terrestrial resources and without emitting harmful substances to the environment. Noichi zoo is considering energy problem.

のいち動物公園おすすめポイント (Why must visit Noichi Zoological Park?)

”人も動物もいきいきと”のテーマで作られたアフリカのサバンナを体感しよう (Have a experience of Savanna zone based on the theme ” where both people and animals have a good time ” )

檻やフェンスをできるだけ排除し自然の木々や植物、岩などで動物たちの生息地をそのまま再現した緑豊かな動物公園のサバンナゾーンでは優雅に暮らすキリンやシマウマを目の前に観察することができます。手の届きそうな位置に優雅に暮らす動物たちに圧倒されること間違いなしです。

As much as possible Noichi zoo eliminated cages and fences, and recreate the animals natural habitats with plants and rocks, etc. Once you step into Savanna zone, you can observe Reticulated giraffes and Grant’s zebras are elegantly walking right in front of you. There is no doubt that you will be overwhelmed by the animals that live gracefully in a position you can reach.

絶滅危惧種のハシビロコウに会いに行こう ( Let’s meet rare bird, Shoebill Stork! )

頭頂までの高さが110~140センチの飛ばない鳥として有名な大型鳥類ハシビロコウ。日本国内でみることができるのは高知県立のいち動物公園を含み8か所しかありません。世界中の動物園で飼育されているハシビロコウの合計が40~50羽といわれています。その内日本国内で15羽のハシビロコウが生息していると考えると日本でハシビロコウは大人気といえますね?動き回ることのないハシビロコウなので随分待っても近くに寄ってきてくれませんでした。

Shoebill stork is famous as a big bird (the high is 110cm~140cm) who doesn’t fly. There are only 8 zoos you can meet Shoebill stork in Japan including Noichi Zoological Park of Kochi Prefecture. It is said that the total number of shoebills raised in zoos around the world is 40 to 50. And if we think that 15 of them are raised in Japanese zoo means Japanese love to meet them, am I right? That was true that she would not move a lot…because we couldn’t have a chance to take nice picture of her!( not coming near to us.)

ピクニック広場でのんびり過ごそう (Just relax at Picnic Area)

Wonder Safari

動物公園というだけあって、動物園の中に十分すぎるほどの大きな公園があります。そこには芝生のピクニック広場、ワンダーサファリやふわふわドーム、ルッキンロッキンなどがあり子供連れの方は動物を見ながら公園で思いっきり遊ぶことができます。

Inside the zoo, there is picnic area with playground ” Wonder Safari “, ” Fluffy Dome “, etc. Kids can enjoy not only watching animals but also playing on the grass. You can’t imagine from the picture how much fun to jump on Fluffy Dome….Luckily I could enjoy it with my kids!

Fluffy Dome

動物科学館で体を使いながら動物について学ぼう (Let’s study animals while using your body at Animal Science Museum)

身体で体験しながら動物の特徴を学べる動物科学館。こどもたちはムキになってゲームに何度も挑戦していました。真夏に動物園を訪れても空調の効いている屋内で体を動かしながら子供たちに学んでもらえるスペースがあるのはありがたいです。小さな図書館もあり、休める椅子やお手洗いもあります。

People say that to learn with fun is important. I totally agree with it. You and your kids can learn about animals while using your body here. Kids can’t stop playing here easily. Good thing for parents is there are seats to wait for your kids finish playing here.

こどもたちのための動物公園に行こう ( Let’s visit Noichi Zoological Park for kids! )

高知県立の動物園は入園料がとにかく良心的。18歳以下は無料で大人でも1人470円です。駐車場も無料で利用できるので家族みんなで楽しめますね。残念ながら現在はコロナの影響でこども動物園での動物とのふれあいが行われていませんが、通常はモルモットとのふれあいやポニーのえさやりなど動物を実際に触る経験もできます。

The entry fee of Zoo is ¥470 for adults per pax but below 18 years old, it’s free! Parking lot is also free! As of now unfortunately due to Covid 19 Pandemic, we are not able to enjoy with guinea pigs or animal feeding times or some of other activities. However without those activities, we can still see animals with natural habitats with plants, rocks, ponds, etc makes us satisfy with it.

まとめ

残念ながらまだコロナが終息していないため、普段ならこども動物園などで行われている動物との触れ合いイベントが休止中で100%楽しむことはできませんでしたが、足をのばして訪れる価値はありました。都心の大型動物園に比べると動物の数も減りますが、ハイキングを楽しみながら動物を大自然の中で観察し、自分のペースで進んでいける、ゆっくりと動物を見て回ることのできる動物公園でした。”人も動物もいきいきと”をテーマに動物たちの生息地の環境を再現した緑豊かな動物公園であることに間違いありません。でも、真夏に訪れたため暑さで”いきいきさ”は奪われてしまっておりました。暑いので日陰に隠れてしまう動物が多かったですが、暑さにも負けずサバンナゾーンのキリンやシマウマは優雅に動きまわり暑さを忘れて何十分もその景色を見つめてしまいました。大きな敷地内には暑さ対策として水冷が所々設置されていますので休みながら進んでいくことができます。お手洗いのトイレットペーパーまで動物たちの絵がプリントされており子供は大喜びです。人々を魅了する自然あふれる動物園を訪れてみてはいかがですか?

Noichi Zoological Park of Kochi Prefecture was chosen as #1 Zoo in Japan by travel lovers ( researched by trip adviser ) in 2020. Compare to other famous zoo in big cities, less animals but Noichi could create the environment where animal should live more than others. How about having a experience like we visite the places where animals live in real?

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事