和歌山市民図書館のこどもとしょかん ( Wakayama Civic Library )

和歌山市民図書館のこどもとしょかん  ( Wakayama Civic Library )

2020年6月5日にまちの居場所としてオープンした複合施設キーノ和歌山に和歌山市民図書館があります。まちと人をつなぐ図書館としての役割を担っており、更にCCC(カルチュア コンビニエンス クラブ)が管理を行う関西初の図書館としても注目されています。今回はテレビでも取り上げられている和歌山市民図書館の4階にあるこどもとしょかんについて紹介したいと思います。

お子様が居る方も、いない方も自然光の差し込む開放的な絵本の山や足を延ばしてゆっくり出来るソファーなど大人の人もくつろげるフロアです。ショッピングやお食事のできる複合施設のキーノ和歌山内にあるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

Ki-No Wakayama Opened on June 5, 2020 as a complex facility and There is “Wakayama Civic Library” at part of Ki-No Wakayama.
“Wakayama Civic Library” takes part of being connection people and City, and It’s also attracting attention as the first library in Kansai managed by CCC (Culture Convenience Club).


Whether you have children or not, there are a Mountain of Children’s Book with natural light and a sofa where you can stretch your legs and relax, and so on so it is a floor where adults can relax. It’s located in Kino Wakayama, a complex facilities where you can shop and dine, so why don’t you come visit Wakayama Civic Library?

(和歌山市民図書館基本情報に関しては↓のブログで紹介しています)
和歌山市民図書館 ( Wakayama Civic Library )

こどもとしょかん フロア案内
Children Library

和歌山市民図書館の4階にはスペースを贅沢に使ったこどもとしょかんフロアがあります。妊娠中の方でも幼いお子さんの子育て中の方でも、またお子様と一緒でない方でもみんながくつろげるスペースがあります。一緒にこどもとしょかんフロアを見てみましょう!

On the 4th floor of the Wakayama Civic Library, there is a children’s library floor that uses space luxuriously. Whether you’re pregnant, raising a small child, or not with your child, there’s a space where everyone can relax. Let’s take a look at the children’s library floor!

えほんの山
Mountain of Children’s Book

こどもとしょかんで印象的な絵本の山は座ってくつろぎながら本が読める広いスペースです。大きな窓ガラスからは自然光が差し込みテラスへと続く階段には芸術家の南条嘉毅(なんじょうよしたか)さんが描いた”梛の木の下で”という作品が飾られています。この作品は和歌山市の”鷺の森の大木”という民話に基づき描かれており、この昔から語り継がれている梛の木の下で楽しく本を読んだり、和歌山の自然や歴史、文化などを顧みる空間として民話のようにこれからも和歌山市民図書館が人々から愛され続ける場所となるよう願いが込められています。

The mountain of children’s book, which is impressive with children, is a large space where you can read books while sitting and relaxing. Natural light shines through the large windows, and the stairs leading to the terrace are decorated with a work called “Under the Nagi Tree” drawn by artist Yoshitaka Nanjo. This work is drawn based on the folk tale of “Big Tree of Sagi Mountain ” in Wakayama City, and it is a space where you can enjoy reading books under the Nagi Tree that has been handed down from ancient times and look back on the nature, history and culture of Wakayama. As in folk tales, it is hoped that the Wakayama Civic Library will continue to be loved by people.

梛の木の下で / Under the Tree of Nagi
幅21m x 高さ最長3.7m / Width 21m x Height 3.7m

和歌山の民話”鷺の森の大木”とは?
What’s Wakayama Folk Tale ” The Big Tree of Sagi Mountain ” ?

和歌山の民話 “鷺の森の大木” によるとむかしむかし和歌山市民図書館が建っている場所の近くに高さ数キロ、根っこが直径4キロの梛の大木があったそうです。そしてその大木にはたくさんの鷺が住んでいました。あまりに大きな大木で日が昇るとその木の影が淡路島まで届いてしまうほどでした。その大木は長い年月をかけて切り倒されたそうですが、今もこのあたりの地面の奥深くには大木の根っこが残っていると考えられています。

According to the Wakayama folk tale “The Big Tree of Sagi Mountaion”, it is said that there used to be a large tree with a height of several kilometers and a root of 4 kilometers in diameter near the place where the Wakayama Civic Library was built. It seems that many herons lived there. It was so big that when the sun rose, the shadow of the tree reached Awaji Island. It seems that the big tree was cut down over a long period of time, but it is thought that the roots of the big tree still remain deep in the ground around here.

本のどうくつ
Secret  Book Cave

絵本の山には本のどうくつがあります。是非絵本の山を訪れてどうくつへの可愛い絵が壁一面に描かれた入口を見つけてください。こちらの作品はロシトロカというイラストレーションユニットで描かれています。イラスト1つ1つにビハインドストーリーがあるんですよ。例えばねずみが大好物のチーズの本を読んでいる絵は”本を通して自分の大好きなものに出会えるように”という願いを込めて描かれています。

There are book cave in the Mountain of Children’s Book. Please visit the Mountain of Children’s Book and find the entrance where cute pictures are drawn on the wall of cave entrance. This work is drawn by an illustration unit called “ROSHITOROKA”. There is a behind story for each illustration. For example, a picture of a mouse reading a favorite cheese book is drawn with the hope that “you can meet your favorite things through the book.”

本のどうくつへの入口
Entrance of Secret  Book Cave
こちらは和歌山の偉人”南方熊楠”がモチーフです
This is the motif of the great man “Minakata Kumagusu” in Wakayama

プレイスペース
Play Space

こどもとしょかんのプレイスペースは朝0900~1800まで利用可能で、1回40分を目安に交代制で利用できます。混みあっている時といないときでは遊べる時間も異なるかと思いますが、平日の夕方2時ごろ行った際にはそんなに利用客はいなかったようです。週末は多くのお子さんが来館されることが予想され、利用のお子様が増えれば利用人数に制限がでてくると思います。

The play space for “children library” can be used from 09:00 to 18:00 and can be used in shifts within 40 minutes each time. I think that the time you can play is different when it is crowded and when it is not, but it seems that there were not so many children when I went around 2 pm on weekdays. It is expected that many children will come to the library on weekends, and if the number of children using the play space increases, the number of users may be limited.

プレイスペースともぐもぐスペースの間にはベビーカー置き場があります
There is a stroller storage space between the play space and the mug mug space.

もぐもぐスペース
Mug Mug Space

もぐもぐスペースは飲食スペースとしてご利用いただけます。もぐもぐスペースには手を洗ったり手を消毒することができるようになっていますので安心してください。また、持ち込んだ食べ物のごみを分別して捨てるコミ箱も一緒に設置されています。

The mug mug space” can be used as a dining space. You can wash and disinfect your hands in the mug mug space. There is also a trash bins that separates and disposes of the food waste that you bring in.

手洗い所とゴミ箱が設置されています
Hands Washing area and Trash Bins

リーディングスペース
Reading Space

至るところにリーディングスペースは設けられています。家族でくつろげる広いソファーもあれば、フロアに座って読める森のどうくつやえほんの山、子供がプレイスペースで遊んでるのを眺めながら読書出来るカウンターテーブルなど快適に読書ができるようになっています。思い思いの場所でくつろぎの時間が過ごせます。

Reading spaces are provided everywhere. There is a large sofa where you can relax with your family, “Secret Book Cave” and “Mountain of Children’s Book” where you can sit on the floor and read a book, and a counter table where you can read while watching your child play in the play space. You can spend a relaxing time in your favorite place.

和歌山市地域子育て支援拠点施設
Community Child Care Support Center

和歌山市により運営されている和歌山市地域子育て支援センターもこどもとしょかんに併設されています。この子育て支援拠点施設の利用は和歌山市在住の方で、未就園児のお子様とその保護者の方が対象です。付き添いの保護者の方は1名までとなっています。利用の時間は午前中1時間、午後は1時間30分の制限があります。子育ての助けが得られない方やお友達と安全に遊ばせてあげたいと思う方は利用されてみてはいかがでしょうか?

“The Community Child Care Support Center of Wakayama City” operated by Wakayama City is also attached to the Children’s Library. This Community Child Care Support Center base facility is for people living in Wakayama City, and for preschoolers and their parents. Only one guardian can accompany child. There is a limit of using facilities 1 hour in the morning and 1 hour and 30 minutes in the afternoon. If you can’t get anyone’s helps with raising children or want your child to play safely with other friends, why not use it?

こどもとしょかん の秘密
Secrets of Children’s Library

和歌山市民図書館4階にあるこどもとしょかんには驚きが沢山隠れています。訪れた際にはその隠された驚きを見つけてみてください!

There are many surprises hidden in the Children Library on the 4th floor of the Wakayama Civic Library. Discover the hidden surprises when you visit!

くじらさんの目がどこに行っても追いかけてくる
Wherever you go, Whale is watching you

和歌山といえばくじらが有名ですが、こどもとしょかんには親子くじらが描かれています。そのくじら、不思議なんです。どこから見てもくじらと目が合うようなしかけがされています。としょかんを訪れる子供たちの成長をずっと見守っているという思いが込められています。

Wakayama is famous for whales and Children’s Library have parent-child whales drawn on them. That whale is strange. No matter where you look at it, the whales are designed to meet your eyes. The idea is that they are watching the growth of the children who visit the library.

“梛の木の下で” にはこの土地の土が使われている
” Under the Nagi Tree ” were drawn with Soil of Wakayama “

南条嘉毅さんの作品”梛の木の下で”はアクリル絵の具や木が生えていたと言われている場所の土などが使用されています。葉の部分は1枚1枚をアクリル絵の具で描き、木の幹は和歌山市内の土を採取して使用しています。そして屋上のガラスから朝日、夕日など時間帯により差し込む陽の光で違った見え方がします。
ゆっくり時間をこどもとしょかんで過ごし、その変化も見てください。

Acrylic paint and soil from the place where the tree was said to have grown are used in the work “Under the Nagi Tree” by Yoshitaka Nanjo. The leaves are painted one by one with acrylic paint, and the trunk of the tree used soil of Wakayama City by collecting it. And it looks different depending on the time of day such as sunrise and sunset from the rooftop glass. Spend time with your child and see the changes of his art at Children’s Library.

テラスには不思議な飛行船が・・・
There is a mysterious airship on the terrace

こどもとしょかんから梛の木の階段を登っていくと和歌山市民図書館の屋上テラスへと続きます。そのテラスにはこの世には存在しない不思議な飛行船が描かれており、子供たちの創造力や未来の可能性を表現しています。さらにこの飛行船は一部をこどもたちの手で色を塗ってもらい完成しました。いつまでも愛着をもって和歌山市民図書館を利用してもらいたいという願いがそこに込められています。

Climbing the Nagi tree stairs from Children’s Library leads to the roof terrace of the Wakayama City Library. A mysterious airship that does not exist in this world is drawn on the terrace, expressing the creativity of children and the possibilities of the future. In addition, this airship was completed by having some children paint it with their hands. It contains the desire to have the Wakayama Civic Library be used forever with attachment.

まとめ

和歌山市民図書館のこどもとしょかんには沢山の人のこどもたちへの想いが一杯込められた温かい施設です。赤ちゃんを連れてくるお母さんのために授乳室やオムツ替えの場所も設置されていたり、本を貸すだけでなく知育おもちゃの貸し出しも行っています。それだけではなく、多くの人に愛される場所であり続けるために沢山のイベントも行われています。まだ和歌山市民図書館に立ち寄ったことがない方は是非1度は訪れてみてください。キーノ和歌山で和歌山ならではの美味しいものを食べて、お茶でも飲みながら思い思いに好きな本を和歌山市民図書館で読んでみてはいかがでしょうか?

The Wakayama Civic Library’s “Children’s Library” is a warm facility filled with the feelings of many people for children. There is also a nursing room and a place to change diapers for mothers who bring their babies, and they not only lend books but also lend educational toys. Not only that, many events are held to continue to be a place loved by many. If you haven’t stopped by the Wakayama Civic Library yet, please visit Wakayama Civic Library. Why don’t you eat delicious food unique to Wakayama at Ki-No Wakayama, drink tea and read your favorite book at Wakayama Civic Library?

こどもトイレ、授乳室、オムツ交換台など全て揃っています
children’s toilet, a nursing room, a diaper changing table, etc.
知育おもちゃ / Educational Toy
1日1回2時間まで09:00~18:00 / Once a day max 2 hours rent 09:00~18:00
キーノ和歌山ロックスターファーム内にある台湾タイヤルのミルクティーテイクアウト
Take out of Taiwan Tayal Milk Tea from Ki-No Wakayama Rock Star Farms

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事