和歌山県立自然博物館(Wakayama Prefectural Museum of Natural History)

和歌山県立自然博物館(Wakayama Prefectural Museum of Natural History)

和歌山の美しい自然を学べる自然博物館は水に住む生き物を主に展示しており、そのほか植物、昆虫、貝、化石などの標本も展示しています。また、期間限定で特別展なども行っており、地元の人に愛される自然博物館です。近くを通ったら寄ってみてはいかがでしょうか?

The museum of all about Wakayama nature. Most of the area display sea creatures but also you can see plants, insects, shellfish and fossils. There is also limited time exhibition. How about stop by Wakayama Prefectural Museum of Natural History loved by local people?

和歌山県立自然博物館基本情報(Basic info of Wakayama Prefectural Museum of Natural History )

Add: 和歌山県海南市舟尾370-1
370-1 Funoo Kainan City, Wakayama Prefecture
Tel: 073-483-1777
Website: https://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/
Since:27th July, 1982
館内フリーWi-Fiあり(With Free Wifi)

常設展示エリア (permanent exhibition area)

そんなに大きな施設ではありませんが、建物内は大きくわけて2つのエリアがあります。それぞれ全くことなる生き物を展示していますので順番に進んでくださいね。

Not so big place but there are 2 rooms in permanent exhibition area. Each room has different creatures exhibition. Let’s see from 1st exhibition room!

第一展示室 (1st Exhibition Room)

大水槽/ 15m wide big water tank

第一展示室は水の生き物を展示している水族館コーナーとなっており、和歌山の水に住む生き物たちを紹介しています。まずは、博物館に入るとすぐに大きな”黒潮の海”という大水槽があり、エイやアジなどの黒潮域を代表する大型の魚が泳いでいます。”潮間帯”では実際にヒトデ、ウニ、ナマコなど海の生き物を触る体験ができます。そのほかにも”いろいろな生物”では小型の水槽に小さな海の魚や甲殻類が展示されています。そして水に生きる生き物ということで海の生き物だけではなく、”淡水の生物”では川の上流から下流にかけて場所別でどんな生き物が住んでいるのかみることができます。

At 1st Exhibition room is Aquarium introducing sea creatures in Wakayama. you can see big water tank ” Sea of Kuroshio current ” and you can enjoy swimming stingray, horse mackerel and so on. Those are famous fish in Kuroshio current. “intertidal zone” is the touching corner where you can touch starfish, sea urchin, sea cucumber. ” various sea creatures” exhibit fish and crustacea in small water tank. You can enjoy not only sea creatures but also freshwater creatures there. You can see different creatures in each parts from upstream to downstream of river.

海の生き物/ sea creatures
”潮間帯”/ Touching the sea creatures of intertidal zone
淡水の生き物/ freshwater creatures

第二展示室 (2nd Exhibition Room)

標本や模型などで和歌山の自然を紹介しています。ジオラマによる”那智原始林”のリアルな展示、地学コーナーでは化石・岩石・鉱物が展示されています。また”後世に残したい和歌山の自然”では地図上に各地の素晴らしい自然を示しています。

In 2nd exhibition room, Wakyama’s natures are exhibited by specimens and models. A realistic exhibition of “Nachi original forest” by diorama, and fossils, rocks, minerals are exhibited in the geology corner.

期間限定イベント ( Special Exhibition limited time )

なまこタッチング/Touching Sea Cucumber

常設展示エリアとは別に特別展のイベントなどもおこなわれています。
HP上でイベントに関しては確認できます。
今回来館時におこなわれていたのは”特別展はたらくなまこのワンダーランド”でした。なまこは海のきたないものを食べ掃除してくれるという大切な役目をはたしていることを知りました。それだけではなく、なまこに実際に触れるエリアまであり子供たちでにぎわっていました。

They have not only permanent exhibition, but also special one for limited time. You can check the updated event news at their homepage.
This time we could enjoy “Special Exhibition of hard working sea cucumbers’ wonderland”. Did you know that sea cucumbers are taking very important part in the circle of sea life? They clean the sea by eating the dirty in the sea. We could have a great experience to touch sea cucumbers by our hands!

おすすめポイント (Don’t miss it!)

大水槽でのえさやりを観察しよう (Fish Feeding in Main Water Tank)

第一展示エリアの”黒潮の海”で運が良ければ魚たちへのエサやりをみることが出来ます。午後4時からの餌やりを見ることが出来ましたが、行かれる前に時間を確認していくのをお勧めします。大水槽に投げ込まれるエサに魚たちが群がる姿は圧巻です。それだけではなく、小さなかわいいフグが貝をほおばり続ける姿に一番驚かされました。魚が貝をそのまま口に入れかたい部分を出しながら食べ続ける姿から目を離すことができませんでした。意外に食が太い小さなフグに心が奪われること間違いなしです。

If you are lucky, you can watch fish feeding at ” Sea of Kuroshio current “.
We could check it at 4 pm. You better check the time before your visit. You can see amazing ways how they eat the foods. Can you imagine cute little puffer fish eat hard shell???? You can’t take off your eyes from their eating style.

潮間帯で海の生き物を触ってみよう (Let’s Touch Sea Creatures)

潮の満ち引きが影響する潮間帯のいきものを触れるコーナー。
スタッフの人が触り方をおしえてくれたりします。混みあっていないので思う存分触ることができます。

You can touch star fish, sea urchin, sea cucumber and so on at “intertidal zone” . Good thing is there are not so many guests, so we can stay there as much as we wish….

和歌山県で発見された肉食獣の化石を探そう (Look for real teeth fossil of Dinasor !)

第二展示室には恐竜の化石があります。なんと和歌山県湯浅町で発見された肉食動物の歯の化石があります。地学コーナーにあるので探してみましょう!

Can you imagine that this fossil was found in Wakayama???

自然が残る美しい和歌山を守るために考えよう (Consider Beautiful Nature of Wakayama)

和歌山は面積の約80%が山地で自然が多く残っています。和歌山の美しい自然を後世に残すためにも和歌山に生息している生き物について学び一緒に生きることを考える機会になるといいですね。昆虫の標本もたくさん置かれているので昆虫好きの方も楽しめます。

80% of Wakayama’s land is mountains and it remains lots of nature. To learn about the nature of Wakayama helps us to protect it for future generations.

まとめ

大きな施設ではないですが興味を持てばどこでも新しい発見があるはずです。展示物の中には本来和歌山には生息していない生きものが和歌山で見つかり展示されています。ペットとして飼われていたと思われるワ二ガメやアリゲーターガーも展示されています。どこで発見されたかも書いて教えてくれているので、ペットのあり方を考えさせられます。ガラス幅15メートル、水量450tの大水槽で泳ぐ魚たちを見ているだけでも癒されます。気軽にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Not so many facilities in Wakayama Prefectural Museum of Natural History, but if you see around with interests, you can discover new things there. Don’t you feel anything about Alligator Snapper and Alligator Gar are exhibited there? Basically we can’t find them in Wakayama. However someone threw them away. This fact makes us think about how pets should be treated…. Just watching the sea creatures swimming in Water Tank makes us relax. How about stop by for your relaxation?

YOKOSO! JAPANカテゴリの最新記事